豊田高専の紹介

入試情報

中学生の皆さんへ

産学官・地域連携

一般・企業の皆様へ

在校生の皆さんへ

保護者の皆様へ

教職員向け情報

緊急情報(台風)

トップページ > トピックス > 緊急情報【特別警報・警報発令時における休講について】

トピックス

緊急情報【特別警報・警報発令時における休講について】

特別警報・警報発令時における休講について

 午前6時の時点で、愛知県下に暴風特別警報・大雨特別警報が発令されている場合又は愛知県下(田原市を除く)に暴風警報(暴風雪警報含む)が発令されている場合、当日午前の授業は臨時休講となります。
 その後午前10 時までに上記暴風特別警報・大雨特別警報、暴風警報(暴風雪警報含む)が解除された場合には、原則として授業は午後から実施します。ただし、鉄道等の運行状況や道路、河川等の復旧状況等で総合的に判断し、校長が特に必要と認めた場合には、午後の授業も休講とすることがあります。
 授業中の場合は、上記暴風特別警報・大雨特別警報、暴風警報(暴風雪警報含む)が発令された後直ちに休講とし、帰宅勧告をします。
 上記以外は原則として臨時休講になりませんが、自宅又は通学途中の地域における風水害によって授業への正常出席が不可能になった場合は、指導教員又は学生課教務係にその旨連絡してください。特別欠席扱いとなります。

東海地震についての対応

 学生の安全を第一に考え、地震に備えた直前の対策として国の地震防災基本計画に基づく東海地震注意情報が発せられた時点で、授業や部活動、学校行事は全て中止となり、東海地震注意情報の発表が解除されるまでの間、学校は臨時休講となります。

東海地震注意情報発表時の対応

在校中に発表された場合 安全な場所に誘導、避難させ、点呼・確認を行った後、帰宅させる。
登下校中に発表された場合 交通機関の情報を収集し、帰宅する。
(交通機関に乗車中はその指示に従う。)
在宅中に発表された場合 自宅待機する。
(東海地震注意情報の発表が解除されるまでの間臨時休講とする。)
※東海地震注意情報の発表について 気象庁の地震観測データが、東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表されます。

携帯電話対応

関連リンク

このページに関するお問合せ先

総務課総務係:電話番号0565-36-5902

お問合せ: