豊田高専の紹介

入試情報

中学生の皆さんへ

産学官・地域連携

一般・企業の皆様へ

在校生の皆さんへ

保護者の皆様へ

教職員向け情報

緊急情報(台風)

トップページ > 豊田高専の紹介 > 学生教育 > 教育課程(学科・専攻科) > 機械工学科

教育課程(学科・専攻科)

機械工学科

NCフライス盤による実習

私達は多くのハイテク製品に囲まれて生活しています。そして今やいかなる製品も高度な技術の支えがなければ存在し得ません。これらの高度な技術を設計・生産から管理・運用に至る領域で支えているのが機械工学です。こうした現在の到達点を踏まえ、地球環境まで視野に入れつつ未来を眺めたとき、限られた資源の無駄をなくし効率化を推進することが、技術者に課せられたテーマです。

このような観点より、機械工学科は将来のエンジニアが必要とする基礎学力の養成を教育の目標としています。具体的には、機能性・安全性を追求する材料・材料力学分野、エネルギーの効率的利用を追究する熱・流体力学分野、物作りの原点を志向する工作・加工分野、高精度化を追究する計測・制御分野、加えて大きく発達してきたコンピュータ技術を教育の柱に据え、ローテクからハイテクに至るまで機械工学を体系的に学ぶ工夫を行っています。また、設計製図ならびに実験・実習などに多くの時間を充当し、工学の原点である「物作り」の重要性を肌で感じることのできる教育を行っています。卒業研究はこうした知識の集大成であり、これからの機械技術を担う一員としての自覚、創造力、センスを養う場でもあります。機械工学科は自由な発想と感性豊かな心を持ったエンジニアを育てることを目指します。

精密測定機器

関連リンク

このページに関するお問合せ先

広報委員会WWW担当

お問合せ: