豊田高専の紹介

入試情報

中学生の皆さんへ

産学官・地域連携

一般・企業の皆様へ

在校生の皆さんへ

保護者の皆様へ

教職員向け情報

緊急情報(台風)

トップページ > 豊田高専の紹介 > 学生教育 > 教育課程(学科・専攻科) > 環境都市工学科

教育課程(学科・専攻科)

環境都市工学科

土質力学実験実習

これまで、高速道路、国際空港、新幹線、ダムなど、我々の生活の利便性・快適性の確保のために計画し建設された大型プロジェクトも、緑豊かな国土や自然を破壊したり、歴史的文化的遺産などを消滅させた部分も多くありました。最近になって、地球規模での自然環境の保全や生態系の保護、更には文化的遺産の保存が再確認されるようになってきました。

環境都市工学科では、豊かで快適な生活空間の創造のための建設技術に加えて、自然環境及び文化的歴史的遺産など、人類にとってかけがえのない財産を将来に向けて保存すべく、新たに環境保全技術と持続可能な開発技術を教育することを目標としております。環境都市工学科での授業科目は、基礎科目、共通専門科目、都市建設系科目、環境系科目、その他の五つに分類されています。基礎科目では専門科目を学ぶ上で必要な理数系及びコンピュータに関する科目として応用数学、情報処理などを、共通専門科目では応用的な専門科目を学習する上で基礎となる測量学、 構造力学などを学びます。都市建設系科目では都市の計画及び建設技術に関する建設管理計画、都市計画などを、環境系科目としては環境問題及び環境保全技術に関する環境工学、環境アセスメントなどを学びます。更に、修得した学力を基礎に実験実習や卒業研究を通して環境保全技術と持続可能な開発技術を習得させています。また、進んで技術革新の時代への適応を容易ならしめるためにコンピュータに関する授業科目をふんだんに取り入れ、情報化社会に適応できるエンジニアの育成を目指しています。

水質実験 情報処理 建設材料実験実習

関連リンク

このページに関するお問合せ先

広報委員会WWW担当

お問合せ: